『はじめてのアクションリサーチ 英語の授業を改善するために』 佐野正之

 

はじめてのアクション・リサーチ―英語の授業を改善するために

はじめてのアクション・リサーチ―英語の授業を改善するために

 

 本書におけるアクションリサーチとは「教師が教室での問題を克服し、授業改善を図る(p. 5)」ためのリサーチである。

 

筆者はこの考え方が、教授理論で形成する授業改善や、著名教師の名人芸を真似た授業改善とは違い、授業を自分で振り返り、そのときに見つけた問題点を改善すべく、授業で工夫をし、そしてその結果、問題点がどれくらい改善したのかを検証するという改善方法だと筆者は言う(pp. 5-6)。

 

この授業改善法は自分の授業を振り返る行為を客観的なものにして、継続的な取り組みになるという意味で有用だと思う。このリサーチで欠かせないのは問題点を決めた後で行う事前調査である。それはすなわち、授業で何をどのように改善するのが正しいのかを自分でなるべく客観的になるように心配りをした情報をもとに、前もって考えておく必要があると言うことだ。そして、その改善が問題点の克服に至ったかどうかを終わりでまた検証する。そのプロセスをまとめてリサーチが終わりになる。リサーチなのだから、何らかの形で文章にまとめることにもなろう。

 

このようなプロセスは確かに手間のかかるものだが、場当たり的に授業を改善し、後に何も残らない改善プロセスに比べれば、はるかに自分、そして他者のための蓄積になることは間違いがない。

 

真の意味でのリサーチではないので、統計処理などを欠いていることから科学的なリサーチとは呼べないが、実際のところ一般教員が日頃の授業をこなしながら、本格的なリサーチを行うのは至難の技である。

 

その意味では、このアクションリサーチは現場にあった「リサーチ」法だと思う。また、教科での取り組みとして学期に一つでもアクションリサーチの報告があると、会議が非常に意義深いものになるであろう。

 

 

『習熟度別指導の何が問題か』 佐藤学

 

習熟度別指導の何が問題か (岩波ブックレット)

習熟度別指導の何が問題か (岩波ブックレット)

 

 

 受験塾ではもちろんのこと、今や学校では習熟度別の授業が人気である。学校にいても、「あんなにできる生徒と、こんなにできない生徒を同じ教室で教えるのは無理」という言い回しはよく聞く言い回しである。

 

しかし、この本を読むと、国際的に見ればその議論はもうとっくに終わっていることがわかる。

 

佐藤は、習熟度別学習は(上位層の一部の者を除いては)効果がないことでコンセンサスが取れており、今や学びのトレンドは「協同学習」であるという。その流れに逆行しているのはアジア諸国であることを指摘している。かつて産業主義においては一部のエリートと大多数の単純労働者という構造が必要であった。その文脈でいうと上位層にのみ効果があることがわかっている習熟度別授業は効果的である。しかし、ポスト産業主義の今、学校に求められる学力は大きく変化している。つまり「知識と学びの「量」から「質」への転換がおこっている(p. 51)」のだ。(的外れな方策として、佐藤は「百マス計算」もあげている。日本の学力低下はその分野で起きているのではなく、「思考力」で起きているのであって、当該分野はドリルで力がつく領域ではない。)

 

この本は2004年のものだが、佐藤が出したその当時の結論は

 

授業改革の中心課題は、「習熟」と「暗記」に傾斜した無媒介的で個人主義的な<勉強>(脳のシナプスの結合)を「媒介された活動」と「協同学習」に基づく意味と関係の構成という<学び>へと転換する課題です。

 

となる。公立校が習熟度別に授業をせざる得なくなっている事情も本書には書かれてはいるがここでは省略する。とにかく、この「転換」を意識せねばならぬ、ということ。これは英語教育界でも、意識されている。(協同学習において最も大切な関わりは「聴き合う関わり」であることも指摘されている(p. 66)。いい聴衆である生徒を作るのは本当に難しい。)

 

自分自身のことで言えば、まだ満足にこの視点は授業に取り入れられていない。来年度は必ずや実現するつもりだ。

 

 

 

 

 

 

『英文和訳から直読直解への指導』斎藤栄二

 

英文和訳から直読直解への指導―明日から使える教室技術

英文和訳から直読直解への指導―明日から使える教室技術

 

 少し古い本だけどリーディング系ということで読んでみた。

 

趣旨としてはリーディング授業の進め方の主流は逐語訳をひたすらしていくことだった当時の流れに警笛を鳴らす本。それを打ち破るべく授業では内容に関するQAを中心に授業を進めるべきで、その中でもFinding Facts型ばかりが見られる検定教科書のQuestionsだけでは直読直解にはならないのでMaking Inferences型とPersonal Involvement型を意識して問え、と伝えている。個人的にはこのInferencesに興味があり、この本を買った。

 

一つのレッスンを自分が新聞記者になったという仮定で要約して記事にせよ、なんていう授業の運びのアイディアなども紹介されていて興味深い。

 

また、究極的には読解力なんて間接的にしか測れないのだから、内容に対して問いを与えてそれで読解力を測ろうとする進め方は、正確に読めている生徒にとってみれば単なる邪魔でしかない。そうだとすれば、多読という、一人で面白く英語を読み進めていける指導(環境?)が妥当なのではないか、という流れで多読指導についても触れらている。

 

著者も中で言及していたが、QAは、内容もさることながら、それを授業内で活発に行うこと、つまりテンポよくなるべくみんなの集中が切れない形で行うことに難しさが伴う。英問英答であればなおさらだ。そのあたりをうまくやることが、来年度の課題か。

 

 

例会へ

先日、ある学会の例会へ参加。高校の「英語表現」の授業の実践発表と、中学1年生の授業のビデオを見せていただいた。

僕自身がこの三月で担当の生徒を卒業させるので、もし来年度自分が高校の英語表現や中学1年生の授業を持つことになったら、どんな風に授業をするかという視点で発表を聞かせていただいた。

高校の方は、授業内でのスピーチの扱いがメインテーマであった。感じたのは、「普段の授業では文法事項を舐めるべく問題演習しています。それだといい授業とは言えなそうなので、その合間を縫ってスピーチやらせてます、まとまった量の英文書かせてます」という雰囲気がどうしても出てしまうこと。「英語表現」では文法をしっかり定着させる、または日英のトランスレーション練習をしっかりやる、のように割り切った方が授業のメリハリがついていいのかもしれない。スピーチしたり、意見文書かせていると良い授業と教員みんなが思ってしまうと、「コミュ英」との差異はなくなるし、生徒も何と無く文法やってる、なんとなく表現活動やってる、とふわふわしてしまうのかもしれない。

 

中学校の授業ビデオの特徴は非常にメリハリのきいた授業であったということ。なおかつ、授業内容も良かったが、なによりそのビデオでは先生と生徒との信頼関係の良さが見えていた。アクティブラーニングの実践だったので、そんな関係性が担保されているのは大きな意味がある。生徒が自由に、アクティブに動けるということは、いろんなリスクが伴うということを意味するのだ。失敗のリスクは増える。しかし、担当の先生は心地よい緊張感も醸し出しつつ、授業を気持ちよく進めている感じであった。授業の内容はいくつかの帯活動で組まれていて、これなら生徒も飽きないだろう。高校3年の授業を長く持っていたので、この「帯」感が薄れてきている。これも思い出して来年度は頑張りたい。

以上、忘備録でした。

 

この歌、この日の例会で紹介されてました。比較表現の授業で使われたとか。これ、なんだかかっこいいです笑

 

英語リーディング指導の基礎

英語リーディング指導の基礎

英語リーディング指導の基礎

今年は高3の担当ということで、授業内ではひたすら過去問題を読んでいた。そこではいわゆる演習で問題を解かせて答えを確認していくわけだが、その解答をどういう風に説明するかが当然授業の肝になる。その説明が一般的な「読む」という活動に基づいて為されれば、その説明が入試演習というただの対策授業とは一線を画すということが言えると思う。
この本の5章で未知語推測能力について書かれている箇所がある。ここではMitchellの論を紹介している。すなわち、good readerとpoor readerの大きな違いは文意の統合や概要把握の能力などという高次のものではなく、poor readerは兎にも角にも未知語の推測力が弱いのだという論。長文内の単語に下線を引き、その語の意味を答えさせる問題は国公立私立問わず王道の問題。それをただの語彙の確認問題と捉えずに、未知語の推測という観点で説明する。今年度、生徒にはしつこくその観点を教え込んだ。
7章においては発問について論じられている。そこで著者は「発問はテスト(だけのもの)ではない」と言う。つまり、どれくらい読めたか、ということを確認する為の発問はテストでは当然だが、授業内では、理解させたい内容まで行き着くためのプロセスを知るための発問が扱われるべきであるという主張である。これは数行単位での和訳問題を扱う時に意識をした。下線部だけの和訳をするのではなく、その和訳を正確に行うために必要な内容を知るための発問を、可能な限り投げ掛けるようにした。
1987年出版の本ではあるが、授業において大学入試演習を行うにあたってに大いなる示唆を与えてくれた。

『英文の読み方』行方昭夫

英文の読み方 (岩波新書)

英文の読み方 (岩波新書)

今、行方本を一気に読んでいる。高校3年の担当で、多少難しい英文を読み解く授業なども担当しているので、自分の研鑽の意味も込めて。

彼が著作の中で扱う英文はとても格式があって、勉強になるものが多い。これも長年の経験で「良い」英文を貯めてきた結果なのだろう。

入試問題を扱う際にも、生徒に伝えたい言葉が散りばめられている本だった。(自分では理解していることでも、キャッチーな言葉で言われると、なんだか嬉しくなる。あ、それそれ、みたいな)

例えば、

一般に英語の論理では、相手に意外だと思われる発言をしたら、その理由を説明するのが、発言者の当然の義務です。
 👉英語は発言の根拠を説明することにこだわる言語

この「こだわり」の例として。

(略)ある言葉を使用した理由を補足して述べるときに接続詞forを用いるという用法があるのです。多くの場合、聞き手、読み手が、「あれ?」と思うような言葉を使ったときに登場します。

それから

生徒は時として、「これは意訳していいですよね」と聞いてくる。完全に英文を理解して「意訳」と言える生徒は少ないが(よくわからない英語の部分を「意訳」で逃げることが多い)、生徒の言わんとしていることは、以下の内容に関連していると思われる。

(略)私は英文和訳と翻訳が全く別物とは思わない立場を取っています。強いて差をいうのなら、前者は基本的に日本人が英文を理解するための補助的な役割果たすのに対して、翻訳では訳文が独立して読めることが要求されること、と言えるでしょうか。

これに倣えば、大学入試においては、前者で事足りるのではないかと思う。採点者は和訳部分の前後の内容を知っているわけだから、日本語として崩壊していなければ、独立して理解出きる和訳でなくとも満点はもらえるはずである。(要約問題は、独立して理解できるものでなければならないと思うが)

この本の中でも、なかなか理解が難しいものがあった。私自身もまだまだだな、と痛感。

栃木大会パート2

本日の学会レポートは他にも色々聞いたが「高校英語におけるジャンルの意識 ー学習指導要領及び解説、検定教科書の調査からー」に特化しようと思う。

この発表では、日本の高校英語の指導で「ジャンル」がどの程度意識されているかを、学習指導要領、またその要領の具現化と解釈できる検定教科書、ここでは「コミュニケーション英語I」の検定教科書のタスク部分を検討することで明らかにしようとするものであった。まずはまとまりのある文の分類として使われる「ジャンル」、「テクストタイプ」という語の定義を確定した。その際に「ジャンル」、「テクストタイプ」に関する記述が国語の指導要領に多く見られることから、英語の指導要領と合わせて検討されることが付け加えられた。
検定教科書については「ジャンル」と「テクストタイプ」の両方に明示的な形で触れている教科書ないのタスクは非常に少ないことが示された。具体的には11.5パーセントの活動のみ、という結果となった。多くの教科書がまとまりのある文を書かせるようなタスクを与える場合も、「ジャンル」と「テクストタイプ」への説明がないため、生徒に書かせる際も、教師が評価の際も困難を抱えてしまうのではないかというという懸念があるということである。
指導要領については、新指導要領外国語編において「ジャンル」と「テクストタイプ」の明確な区別はなく、一方で国語編では両者の明確な区別があり、十分かつ適切に説明かがなされていたことが示された。
上の結果を踏まえ発表者は、「ジャンル」と「テキストタイプ」の明示的な区別をつけることで、教師側にまとまりのある文を指導する方法が提示できるのではないかという点、また指導要領の違いから考えると、国語という教科における「ジャンル」、「テクストタイプ」への意識を、英語も同様に持つべきであろうという点が確認された。
最後、フロアからの質問から英語の科目「英語表現(改定後で言えば「論理・表現」)の教科書も研究の視野に入れることの意義、また初学者向けの教科書の方がよりジャンルへの意識が高いという事実が確認された。